店舗デザインの重要性とは

サービス業や小売業、更には飲食業などBtoCで事業を行っている方にとって、重要となるのが店舗デザインです。本質的なサービス内容や味、品ぞろえも大切ですが、店舗デザインの良し悪しも集客、更には、ファン作りに重要になります。その店舗が持つ雰囲気や居心地がその店舗のブランドや価値を形成していくといっても過言では無いので、店舗デザインにはしっかりとこだわって作り込みを行っていくようにしましょう。店舗デザインと一言でいっても壁紙の色やモノの配置、間接照明のつけ方など非常に奥深いものです。しっかりと頼れるパートナーを見つけて魅力的な店舗デザインを作り込んでいくのが大切です。

ミスマッチを無くすためにもしっかりと連携を

基本的にオーナーであれば、デザインに関する専門的な知識はなくても、導線はこうしたいと言う要望や雰囲気はこうしたいなどのコンセプトは少なからず持っているものです。その要望やコンセプトをデザイン業者が店舗デザインに落とし込んでいきます。明確なコンセプトが無い場合、感覚的な部分に頼ることになる為、どれだけ優秀なデザイナーと仕事をしても、ミスマッチや些細な変更などは生じてしまいます。如何に初めの段階でその相性を見極める事が出来るかが円滑に進めていく上で、重要になるので見積もりや打ち合わせの段階でしっかりと方向性の統一を行っていきましょう。店舗デザインは業者やケースによりますが、基本的に決して安いものではありません。失敗をしない為にもしっかりと選定、打ち合わせを行う様にしましょう。

内装デザインとは、顧客からどのようなお店にしたいかをヒアリングして、お店の内装をデザインすることです。