中古物件をリノベーションする

住宅に関しては、中古物件を選んだ方が新築で建てるよりもローコストで済みます。しかし、マイホームの候補に一度人の手に渡った中古物件を入れるのは抵抗があるという方も多いのではないでしょうか?しかし、中古物件であっても後から大規模に手を加えてリノベーションを施すことで新築に劣らないほど素晴らしい家に生まれ変わるのです。既に建物の基本的な構造は出来上がっているので、新築で建てるよりも費用がかかりません。

展示用に建てられた家を買う

住宅展示場に建てられた家の行く末について考えたことはありませんか?展示用の住宅とは言っても実際に人が住めるように建てられているため、クリーニングをすればそのまま使用することが可能です。そのため、こういった物件は展示用としての役割を終えた後で一般に販売されています。見学のみの使用で実際に誰か住んだ訳ではないため状態は良好です。条件が揃えば、移築という形で別のエリアに移動させることもできます。

セルフビルドに挑戦する

ある程度の技術力を持っていて時間に余裕がある場合、思い切って自分で家を建ててみるという選択肢もあります。いわゆるセルフビルドという方法になりますが、材料費のみで工賃がほとんどかからないため新築であっても格安となります。そこまで自分でできないという場合には、基礎や骨組みや配線など難易度が高い部分だけ専門家に依頼して残りの簡単な部分を自分で手がけるという方法がおすすめです。床貼りやペンキ塗りなどは、コツを掴めば素人でも上手にできるようになります。

ローコスト住宅は、一般的な分譲住宅と比べて外観や内装がシンプルなものが目立ちますが、デザインにこだわりが無ければ購入費用を大幅に節約することができます。