オフィス前提だからすぐに稼働できる

賃貸オフィスは使用目的がオフィスの前提なので、室内をゼロから作り上げる必要がありません。入居してすぐに稼働できるように整えられる点はメリットです。例えば部屋を仕事向きにレイアウトして、必要なオフィス家具やオフィス機器を搬入して、電気や水道や電話やネット回線などを引く作業をしなくてもいいので時間の無駄がありません。基本的な道具は揃っていて、あとは自分で必要なものを用意したり、好みに合うものに変えたりすればオフィスが出来上がります。スムーズに本業開始にたどり着けますので、仕事の時間のロスを抑えることができます。さらに、用意する道具にかかるコストも軽減できるので、オフィス立ち上げの初期費用が抑えられます。すぐにスタートできて、費用も抑えられるのはオフィスとして使うための賃貸ならではの特典です。

あくまでも賃貸なので更新は必要

賃貸オフィスは基本的なことは揃っていて、自分流にもアレンジできます。ですから日常的には使い勝手に問題は感じないでしょうし、快適に使えます。ただ、あくまでも賃貸ですので、賃貸物件としての契約になります。そこで1つ発生するのが契約期間です。契約期間が設けられていることが多いので、その時期が迫ると更新の手続きが必要です。ここだけ注意が必要で、自社のオフィスではないために発生する手間といえます。とはいっても、更新するなら条件の確認と署名などが必要になるくらいですので大きな負担にはならないでしょう。更新期間は物件によって異なってくるので、最初の契約時によく確認しておくと安心です。更新が必要といっても、すぐに稼働できていつでも動ける柔軟性は、賃貸オフィスの大きなメリットにもなります。

賃貸事務所 港区は日本最大のビジネスエリアです。本社を構える企業が多く、企業の賃貸事務所も都内でも一番多い所です。