サイトの写真は信用するな、必ず内見を

最近の賃貸情報サイトの情報はとても充実しています。従来であれば間取り図と住所くらいしか掲載されていなかったのですが、ここ最近は物件の外観や部屋の写真を掲載するのが当たり前になっています。
更に情報量が多いサイトでは360度ビューを利用して部屋全体を見渡すことが出来るものもあり、ここまで情報をチェックできると内見は必要ないんじゃないかと思う人もいるかもしれません。
実際遠方の引っ越しの場合は内見をせずにネットの情報だけで契約する人もいますが、内見をせずに契約するのはとても危険です。
なぜかというと、あの写真はプロ並みの技術を使ってより奥行きがあるように見せて撮影をしているからです。ですから実際に部屋を内見すると印象が大きく変わることが多々あります。どれだけたくさん情報があっても内見は必ずおこないましょう。

内見を行わなければいけない理由その2

内見を行わなければいけない理由としてはもう一つ、内見をすることで初めてわかる情報がたくさんあるからです。特に内見で重要になるのが日当たりと音です。
日当たりが悪い部屋というのはやはり暗い雰囲気なのであまり住み心地がいいとは言えないですが、部屋の日当たりは実際にその部屋に行かなけば確認できません。
音に関しては隣の部屋の声や上の階の人の足音などがどの程度聞こえるかチェックする必要がありますし、周りの道路の騒音もしっかりと確認する必要があります。賃貸物件に住んでいて引き起こされるトラブルで最も多いのが騒音に関することなので、部屋の外から聞こえてくる音が気にならない程度かどうか、必ず内見をしてチェックしましょう。

新札幌の賃貸は、利便性の高い物件が豊富です。銀行などの金融機関が設置してある場所もチェックしましょう。